日野原先生の講演を聞いて

先日抗加齢学会という学会に参加した。

そこで聖路加国際病院の理事長(元病院長)のテレビでもおなじみの日野原先生の

講演を聴いてきた。

ほんとうに目からうろこだった。いまの病気は生活習慣をあらためればほとんど治るという。

なっとくしきりだった。また、医療にたずさわる人はまずその見本とならなくてはいけない。

また、そのことを患者さんに指導することが必要」と現代医療にもとめられる方向をしめされた。

つまり、それは予防医学の重要性のことである。

 

学会の帰りにおもわず先生の書籍を買い、あっというまに読みきった。

 

「生きるのが楽しくなる15の習慣」 日野原重明著 講談社+α文庫